自動車の華麗さを競うコンクールとして名高い「コンコルソ デレガンツァ ヴィラデステ」(イタリア、ロンバルディア州コモ湖)と「ペブルビーチ コンコース デレガンス」(アメリカ、カリフォルニア州モントレー)。「コンコルソ デレガンツァ 京都 2019」は、両コンクールの世界観や雰囲気を受け継ぎ、日本におけるユネスコ世界文化遺産の代表格・元離宮二条城の城内で4月13日及び14日の2日間開催されました。
チェアマンであるコラッド・ロプレスト氏が厳選した1930年~2018年に製造された54台の超レアで伝説的な名車を、ザガート及びランボルギーニを中心に9つのクラスに細分化し、一流の国際審査委員会が審査致しました。
その芸術的及び歴史的価値の高さをお披露目し、様々な賞を表彰するアワードセレモニーで締めくくられました。

コンコルソ デレガンツァ 京都 2019の「Best of Show(最優秀賞)」は、国際審査委員会の満場一致でランボルギーニ350 GTザガートに贈られました。アメリカの著名なコレクターであるウィリアム・ポープ氏が所有する車両は、「Best of Show」にノミネートされるためにクラス(レース&プロトタイプ)で1位を獲得する必要がありました。その車両の希少性に加え、申し分ない素晴らしいコンディションにより「Best of Show」を獲得し、また本イベントではミラノに拠点を置くカロッツェリア・ザガートの100周年記念を祝していたこともあり、「Best Zagato」トロフィーも同時に獲得しました。
Best Lamborghini」トロフィーは、日本人コレクターが所有するマスタードイエローのインテリアを施したヴェルデミウラカラーの1971年 ミウラSVに贈られました。サンタアガタ・ボロネーゼからもう1社、「CHAPAL Desirable to drive」は日本人オーナーが所有する黒色のインテリアを施したオレンジ色の1976年ランボルギーニ・カウンタックLP400に贈られました。
ルクセンブルクから出展された赤色の1930年アルファロメオ6C 1750 GSザガートが「People Choice」トロフィーを獲得し、ベルギーから出展された1931年アルファロメオ6C 1750 GSザガートが「Best Alfa Romeo」及び「FIVA」賞を受賞しました。 「Elegant Closed」トロフィーは、日本人コレクターのシルバー色の1966年ランチア・フラミニア・スーパースポーツザガートに贈られました。 「Elegant Open」トロフィーは、ベルギーから出展された青色の1942年 アルファロメオ6C 2500 Sに贈られました。

概要

■ 開催日:2019年4月13日&14日

■ 開催日時

4月13日(土) 10:00~17:00・・・出品車両展示および特別企画展示

4月14日(日) 10:00~17:00・・・展示およびアワード授賞式

       ( 15:00~16:30・・・アワード授賞式)

- 両日ともに、二条城の最終入城は16:00、会場の最終入場は16:30

会場:世界遺産 京都 元離宮二条城【二の丸御殿中庭、台所前庭、台所(通常非公開エリア)】  

■ 特別企画協賛: ザガート 100周年記念 / ランボルギーニ ポロストリコ 
■ イベントハイライト: 2019年4月14日 「コンコルソ デレガンツァ 京都 2019 アワード授賞式」  
■ 主催: 京都市、コンコルソ デレガンツァ 京都 2019 実行委員会  
■ 後援: FIVA(国際クラシックカー連盟)、 オートモービル クラブ イタリア (ACI)
■ 協賛:Alfa Romeo, Chopard, CHAPAL, AUTOGLYM, Car Wash Sommelier

■   総合プロデューサー :木村英智( 京都国際観光大使/アートアクアリウムアーティスト)
■ 委員長:コラッド・ロプレスト

 

 

当動画は、2018年に開催された第2回コンコルソ デレガンツァ京都の動画です。2019年度の動画については、近日中に公開されます。